モトブログ

KTM 890 DUKE R 2020 納車レビュー

16年間乗り続けてきた、2004年式 CBR1000RRとお別れをして、ようやく次の相棒となるバイクが納車されました!

これからのバイクライフを共にするのは【KTM 890 DUKE R】です。

正直、今まではKTMに全く興味がありませんでしたが、昨年のEICMA 2019に出展されていたKTM 890 DUKE Rを見て、興味が湧きました。

しかし、ずっとスーパースポーツを乗り継いできた僕にとって、KTMのバイクは本当に自分に合っているのかが不安だったので、790 DUKEを試乗させてもらいました。

もちろん、スーパースポーツも楽しいバイクではありますが、KTMはなんというか、乗っていて楽しい、操作して楽しいバイクであることに気付きました。

人生で何台乗れるかわからないバイクなので、一度くらいこういったバイクに乗ってみるのも楽しいかもと思い、KTM 890 DUKE Rに乗ることを決めました。

【動画】KTM 890 DUKE R 2020 納車レビュー

ポジション

ポジションは790 DUKEと比べると、ステップが少し高いです。
また、ハンドルも少し下がり気味なので、少しだけですが前傾姿勢になりますが、スーパースポーツのような前傾ではないので、乗っていてキツいという感じではありません。

足つき

足つきについては、790 DUKEと比べて、少しシートが高いです。
790 DUKEが825mmなのに対して、890 DUKE Rは834mmです。

重量

とにかく軽いです。まるで400ccのバイクを扱っているかのような軽さです。
790 DUKEが169kgなのに対して890 DUKE Rは166kgと3kg軽くなっています。

ワインディングも走りましたが、倒し込みがとても軽くて早いのでとても乗りやすいと思います。
とくに大型バイク初心者にもオススメです!

トルク

790 DUKEの87Nmに対して、890 DUKE Rは99Nmなので、トルクは結構あります。
発進時なんかは、すごくスムーズに進むことができますし、低速の上り坂(2,500rpm以下)でもグイグイ登っていきます。

発熱

気温の高い日であったとはいえ、かなり熱いですね。
スーパースポーツはカウルで覆われているので、上にあがってくる熱さですが、890 DUKE Rは膝から下が熱いです。

クイックシフター

オプションでクイックシフターを付けました。
速度があまり乗っていない状況だと、ギアチェンジの際カチッとした感触がありますが、ある程度スピードが乗っていると、変速ショックも無くとても気持ち良くギアが入ってくれます。

高速走行時の風圧

70km〜80km程度の速度であれば、それほど気にはなりませんが、100km近くなってくるとやはり風圧は結構受けます。
これは、僕が今までスーパースポーツだったから余計に感じるのかもしれません。

ウインカー

これは、感じ方は人によると思いますが、最近のバイクはウインカーボタンとボーンボタンの位置が昔のバイクと逆になっているので、ウインカー操作をしようとして、ホーンを鳴らしてしまうことも多々ありますが、KTM 890 DUKE Rは、昔ながらのボタン配置なので、押し間違えることがないのはありがたいですね。

まとめ

とりあえず、ファースト・インプレッションはこんな感じですが、しばらく乗ってみて気付いたことがあれば追記していこうと思います。

Googleアドセンス:336px

Googleアドセンス:336px

-モトブログ
-,

© 2021 motoVlog.bike